九星気学から最適印材に開運印鑑を印相体でお彫りします

姓名判断・画数

小林大伸堂とは

お買物の流れ

開運印鑑トップ  >  八方位について

八方位について

八方位とは易の基準方位

八方位とは、古代中国から伝わる易における8つの基本図の八卦(はっけ)を基準にしたものです。 八卦とは三爻で構成される棒のような記号が8種類あり、おみくじを選ぶ時の道具として広く知られています。漢易ではさらに五行思想と組み合わせることによって解釈していきます。

八方位

印影の中心は「自己」を、左半分は「対社会的運命」を、右側半分は「対内的運命」をあらわします。

八方位の方向と運気

接点

まず、希望の運気を八方位の方向に強調します

【成功運】
社会的な成功・繁栄・社会貢献・権力など全般的な人生の成功を表します。
【金運】
金運・取引と才能・活動力・統率力を表します。金運は「お金が入ってくる方の運気」です。
【希望運・再起運】
目標・目的・契約の達成、再起・チャレンジ事業と希望・発展力・理想を表します。
【家族運】
家族・夫婦関係の安定やしあわせ、血縁関係・病気・病難を表します。
【住居運】
住居・不動産・土地・マンションやアパート購入・家庭などを表します。
【蓄財運・健康運】
蓄財・健康・相続などを表し、蓄財運は「お金を貯める方の運気」、また健康運を含みます。
【交友運・結婚運】
結婚・社交・友情・良縁・円滑な人間関係などを表します。
【愛情運・守護運】
愛情と災厄を表します。 ひろく大きな愛情全般と特に女性の災厄・守護運を含みます。

接点を吉数にするための字体を調整します

印鑑の外枠と文字が接する点を「接点」といいます。この数字が吉数になるように字体を調整します。左の印影をご覧ください。 黒点の接点は、吉数の「16」にしています。 そして、八方位の「成功運」と「交友運」の方向を太く強く字入れしました。

■ご自分の画数が気になる方へ

「自分の画数はどうなっているだろう?」と不安な方や、どうにも画数が気になるという方には、姓名判断で字画を調整(修正)します。
印鑑画数の悩みを解消して前向きなお気持ちに変わりましょう。
生年月日と画数から最適な印材を・・・

  • メールはこちら toiawase@kaiunya.jp
    メールのお問合せはこちら↑
無料ご相談フォーム ご印鑑選びにお迷いの方は、印鑑に込めたい想いと願い・画数・生年月日を判断して適印材・お見積りをご提案します。
納期・画数・印材・字体など何でもお問合せ ご印鑑について・画数・姓名判断・字体・印材・納期についてなどご質問があればお気軽にお問合せ下さいませ
  • ローズストーン宝石印鑑
  • 会社印鑑会社印鑑
  • こまもり箱親から子へ贈る
  • 小林大伸堂小林大伸堂

あれこれ迷ったら彫刻士がご提案いたします。

LINEでお問合せ
無料お任せご相談フォーム