開運によい字体とは:開運印鑑の通販店:小林大伸堂

開運印鑑トップ  >  開運によい字体とは

開運によい字体とは

開運に良い字体とは?

当店では、印章用の字体印篆(いんてん)から画数・運気を取り込みながら八方に広がりますよう字入れする開運書体、「印相体(吉相体)」を使用しております。
当店では、1文字ずつ、丁寧に4代目小林が字入れいたします。

楷書体から印章用の字体「印篆(いんてん)」に形を変えるまで

ご印鑑の字体は、古く中国から伝わった篆書体(てんしょたい)という字体をもとに字入れいたします。

篆書体(てんしょたい)とは、おもに紀元前221年秦の始皇帝が天下を統一した際につくられた文字が最も美しいとされ、小篆(しょうてん)と言います。

印鑑に使用します印篆(いんてん)は、秦・漢の時代から官職の象徴として印章が用いられた頃から使用され、長い歴史の中でいくつかのパターンがつくられました。

当店では、この印篆(いんてん)をもとに、画数・運気を取り込みながら八方に広がりますよう字入れする「印相体」「吉相体」「八方篆書体」にて4代目小林が字入れいたします。

当用漢字の楷書体
(かいしょたい)
子 加
古代中国の文字
小篆(しょうてん)
子 加
印章用の字体
印篆(いんてん)
子 加
出来上がった
印影[印相体]
子 加

※現代の当用漢字とは偏やつくり、イメージが異なる場合がございますが、ご了承下さいませ。
※印鑑の文字につきましては、バランスを見て当店で選ばせて頂きます。

配字(文字の入れ方)について

縦書き/フルネーム
横書き/名前
横書き/苗字
縦書き/苗字

実 印

実印は通常フルネームにて縦書き/フルネームでお入れしますが、「女性の場合は」下のお名前を横書き/名前にお入れすると吉と申します。

銀行印

銀行印は横書き/苗字が吉(お金がたてに流れないようにと縁起良く)と申します。

認印・仕事印

認印・お仕事印は、読み間違いが少ないように縦書き/苗字にてお入れします。

セットご印鑑

セットご印鑑の場合、銀行印は横書き/苗字が吉(お金がたてに流れないようにと縁起良く)と申します。

いずれも横書きの場合は「右から左に読めますよう」字入れします。
ご印鑑には、昭和初期頃までの古い日本の慣習が残っておりますので、現在とは逆の読み方となります。
ご了承下さいませ


起業するならやっぱり開運で作ろう! 開運会社設立印鑑
印鑑_写真

■会社の印鑑をご希望の方へ
当サイトは個人用専門です。会社ご印鑑は字入れの仕方が個人用と異なりますので「開運会社設立印鑑」専用ページでご覧下さい。旧字体・外字・アルファベットでも安心してご注文承りますので、ご相談くださいませ。開運会社設立印鑑はこちら


無料ご相談フォーム
ご印鑑選びにお迷いの方は、印鑑に込めたい想いと願い・画数・生年月日を判断して適印材・お見積りをご提案します。
納期・画数・印材・字体など何でもお問合せ
ご印鑑について・画数・姓名判断・字体・印材・納期についてなどご質問があればお気軽にお問合せ下さいませ